こんにちは。高松店の池田です。

6月と言えば、全国的に梅雨が始まり、なんだかジメジメとしたイメージがありますよね。

梅雨時期に困ることと言えば、洗濯物の乾きが悪いことや湿気対策ではないでしょうか。

梅雨の時期を少しでも快適に、楽しく乗り超えられれば、きっと夏を気持ちよく迎えられますよね!

そこで、今回は梅雨時期の洗濯問題を解決するコツをまとめてみたいと思います。

早く乾かしたい!部屋干しの5つのコツ!

最近はドラム式洗濯機の普及で、天候に左右されずに快適な洗濯ライフを送られている方も多くなってきていると思います。

しかし、まだまだ高価な物ですし、そもそも乾燥機能に対応していない衣類が多いのも現状です。

そんなわけで、雨の日は部屋干しをするしか無いのですが、ここでは部屋干しを手軽に効率的に行う5つのコツをご紹介します。

【1.厚手のものと薄手のものを交互に干す!】

室内干しで重要になってくるのは、洗濯物の間に空気の通り道を作るということです。

厚手のものと薄手のものを交互に干すと、自然と隙間ができるので乾きが良くなります。

【2.ボトム類は裏返しにして筒干し!】

ボトム類は前後を重ねずに筒干しにする事によって、空気の通り道ができます。

裏返しにすると、ポケットなどの立体的な部分にも風があたるので、乾かす効率が上がります。

【3.コストよりも効率重視!家電を活用する!】

とにかく早く乾かしたいと言う方は、エアコンのドライ機能が役立ちます。

最近のエアコンには室内干しモードが搭載されている物もありますので、そちらの機能を使うのも良いかもしれませんね。

干す場所のコツとしては、厚手の乾きにくい物から順に、風の吹き出し口近くに並べておくと良いでしょう。

扇風機も同様の使い方ができますが、室内の湿気を下げる効果は薄いので、部屋の換気も同時に行う事をオススメします。

【4.アイロンを活用する!】

薄手の物は、アイロンがけでシワも伸ばしながら乾かす事ができます。

これまでにご紹介したコツを併用することで、晴れの時のように洗濯物を一気に乾かす事ができるでしょう。

【5.浴室の換気扇を活用する!】

浴室乾燥機は便利ですが、実は浴室の換気扇だけでも乾きます。

浴室の換気扇だけ回して、しっかり空気を循環させておけば丸一日干せば完全に乾かす事ができます。

衣類の収納方法には、3つのコツ!

梅雨時期のやっと乾いた衣類も収納方法を間違えるとカビが生えたり、素材が痛んだりと大変なことになってしまいます。

理想的な衣類の収納方法は、直射日光にあてず、湿気のない通気性の良い環境で収納することです。

そこで以下の3点の収納のコツを守ってみてはいかがでしょうか。

●衣類を詰め込みすぎない。収納ケースの8割くらいまで。

●湿気は下の方にこもるので、比較的湿気に強い綿や麻素材を下に。ウールやカシミヤ、シルクは上のほうに。

●収納する日は少しでも一緒に入る湿気を少なくする為に晴れの日を。

お気に入りの衣類を、湿気からしっかりと守ってまた大切に着てあげてくださいね。

毎日雨だとカラッとした夏日が本当に待ち遠しいですね…何とか梅雨を乗り切りましょう!